2009年チーム結成☆日々進化ちゅうです!
若年性がんサバイバー&ケアギバーチーム OUTLETのブログ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【RFL芦屋まで、あと1日】 2008年 リレーフォーライフin芦屋 参加の様子 ⑥
2009年 09月 11日 (金) 23:11 | 編集
(本日の当番:em)

こんばんは

明日のこの時間は、すでにリレー・フォー・ライフ in 芦屋がスタートしていますね


さて、前回からの続きです・・・


DSCF0508.jpg

前夜のキャンドル・ランスタートから、翌朝

ランナーさんたちは未だ走り続けています

ホッシーくんも



DSCF0506.jpg

24時間のイベントなので、早朝(7時台)でも、ランナーさんたちを含め人が沢山いますね。




DSCF0521.jpg

2日目、朝一番のサバイバーズ・ウォークです



で・・・

10時過ぎに、私(em)は滞在先ホテルから会場に着きました。
(投薬直後に、日差しにガンガン当たるのはさすがにキツくて、翌朝はなかなか起き上がれませんでした

ここで、チームテントに着くと、がんと生こまい!ゆかりさんから、

「交流テントに若い子たちで、集まってるから行ってきたら?」

と声をかけられ・・・


テレビカメラが様子を撮影していて、一瞬躊躇したのですが・・・

参加してみると、そこには

一緒のチーム(がんと生こまい!)ふみちゃんKくんじん。くん以外に、

まさよしくんINOさんという精巣がんサバイバーの姿が
(おりちゃんがいなかったのは、キャンドル・ランの疲労で寝ていたそうです。)


最初は緊張しつつ、でもそのうちにテレビカメラの存在を忘れて、


「なんで病気が判ったの?」

「どんな治療をしたの?」

「日常生活に支障はあるの?」

「食生活に気をつけていることは?」

とか、お互い質問攻め


初めて話すのに、部位も違うのに、でも、この年代でがんになったことで共感できる話がいっぱいでした。


まさよしくんが、

「やっぱり、みんなさん、がん患者に見えないですね

と、笑顔で言っていたのを覚えています。


私もそう思いました。
みんなの病状は結構冷や汗ものなのに、場所が居酒屋でもおかしくないくらいの雰囲気で、笑って話していました



気付くと、閉会式の時間が近づいてきて・・・


「また、来年も会おうね!」と、

正直、来年の約束なんて出来ないような病気なのに、そう言えた自分がいました。

みんなの笑顔、進行してても、転移しても、前向きで元気な姿、


うん、来年も会える


私は、絶対来年も生きてるはず


そう、言うことも考えること自体も、怖かったのに、このときは心からそう思えました。
「また、みんなと会いたい」、という気持ちが強かったからかもしれません。


そう、この時の出会いをきかっけに、ふみちゃんと

「来年の中部には、もっともっと沢山の若年性サバイバーを集めたいね」
「ネットで呼びかけたら集まるかな」

と考えるようになりました




閑話休題、

DSCF0565.jpg

閉会式前の、最後のトラック一周です



DSCF0564.jpg

夜通し話して意気投合な、KくんINOさんまさよしくんじん。くん、一緒にフラグを持って歩いています

彼らは、

10万人に1人の精巣腫瘍サバイバーが、4人も芦屋に集まるのは凄いね

と笑っていましたよ



DSCF0568.jpg

もうすぐゴールです。


「あぁ、終わっちゃうよ~


なんて、つぶやきながら、ゴールです


24時間の命のリレーが終了しました


DSCF0573.jpg

閉会式です。


DSCF0576.jpg

最後は、みんなで

「来年は中部で会いましょうがんと生こまい

で、締めました



DSCF0586.jpg

お疲れ様~の姿です。



DSCF0588.jpg

ふみちゃんは、テレビや新聞の取材に対応して忙しそうな様子


こうして、2008年 リレー・フォー・ライフ in 芦屋は幕を閉じました。

あれから、早一年。

残念ながら、私は芦屋へは行けませんが、今年もまた色んなドラマがあるんだろうなと思います。


以上、

昨年の芦屋を振り返るシリーズは終了です

今年の芦屋リポートをお楽しみに





予告通り、今週はリレー・フォー・ライフ in 芦屋へ向けて
毎日記事を更新しています

9月9日(金):
【RFL芦屋まで、あと1日】 2008年 リレーフォーライフin芦屋 参加の様子 ⑤

9月10日(木):
【芦屋まで、あと2日】 2009年RFL芦屋参加 OUTLETメンバー発表!!
【芦屋まで、あと2日】 プレ公演会のお知らせ

9月9日(水):
【RFL芦屋まで、あと3日】 がんと生こまい!10月定例会のお知らせ

9月8日(火):
【RFL芦屋まで、あと4日】 2008年 リレーフォーライフin芦屋 参加の様子 ④
【RFL芦屋まで、あと4日】 メンバー紹介

9月7日(月):
【RFL芦屋まで、あと5日】 OUTLETロゴに込めた思い

9月6日(日):
【RFL芦屋まで、あと6日】 フラグ作り


リレー・フォー・ライフ in 芦屋開催まであと

リレー・フォー・ライフ in 芦屋 HP
9月12日17時~13日12時 兵庫県 芦屋市総合公園

OUTLETも参加します
チームメンバー募集中&当日飛び入り参加も大歓迎です

スポンサーサイト
【RFL芦屋まで、あと1日】 2008年 リレーフォーライフin芦屋 参加の様子 ⑤
2009年 09月 11日 (金) 07:00 | 編集
(本日の当番:em)

おはようござます

2009年 リレー・フォー・ライフ in 芦屋もいよいよ、明日となりましたね

芦屋に参加される方は、準備は整いましたでしょうか

個人的に、芦屋の新キャラクター“ムーンおじさん”が気になって仕方がありません・・・
ホッシーくんコロナちゃんと続いて、ムーンおじさんとは・・・なんてシュール
中部は、ちゅーおじさんとかどうですか?

さてさて・・・

2008年の芦屋の様子を振り返るシリーズも、本日で終了となります
この記事を含め、本日も2-3回更新していきますので、宜しくお付き合いくださいませ



前回からの続き・・・

注:
以前にも書いたのですが、
私(em)は、抗がん剤投与の2日後に参加したので、体力的に長時間会場に居ることが出来ませんでした。ですので、ここから翌朝までは、ふみちゃんたちから聞いた夜間&早朝の様子を元に綴っていきます。



DSCF0488.jpg

キャンドル・ランの開会式
ふみちゃんが、開会宣言をしました

キャンドル・ランは、リレー・フォー・ライフ開催時間内の夜間に走るイベントです。
体調により夜越えが出来ない人達のために、ランナーさんたちが代わりに走って命のリレーをつなぐという意味があります。(一人で12時間走りつづけなくても、チームを組んで走ることも可能です。)

芦屋では、昨年に引き続き今年も20:30~翌朝8:30の12時間、このキャンドル・ランが行われます。



DSCF0491.jpg

ふみちゃんから、ランナーさんへ襷を渡しています。



DSCF0493.jpg

スタート地点です。

おや?芦屋のマスコット・キャラクター ホッシーくんの姿も

は、走るんですか



DSCF0494.jpg

キャンドル・ラン スタート



DSCF0495.jpg

キャンドルの中を走る姿は素敵ですね




DSCF0498.jpg

グレーのパンツ姿が、おりちゃんです
(おりちゃんだけモザイクかけないのも、バランスが悪いのでかけました)



DSCF0500.jpg

夜間、キャンドル・ランに参加しない人はというと・・・

こんな風に(奥の方に人影)、テントでお話したりして過ごされたそうです。

夜って、なんだか正直に話せますよね



つづく・・・





予告通り、今週はリレー・フォー・ライフ in 芦屋へ向けて
毎日記事を更新しています

9月10日(木):
【芦屋まで、あと2日】 2009年RFL芦屋参加 OUTLETメンバー発表!!
【芦屋まで、あと2日】 プレ公演会のお知らせ

9月9日(水):
【RFL芦屋まで、あと3日】 がんと生こまい!10月定例会のお知らせ

9月8日(火):
【RFL芦屋まで、あと4日】 2008年 リレーフォーライフin芦屋 参加の様子 ④
【RFL芦屋まで、あと4日】 メンバー紹介

9月7日(月):
【RFL芦屋まで、あと5日】 OUTLETロゴに込めた思い

9月6日(日):
【RFL芦屋まで、あと6日】 フラグ作り


リレー・フォー・ライフ in 芦屋開催まであと

リレー・フォー・ライフ in 芦屋 HP
9月12日17時~13日12時 兵庫県 芦屋市総合公園

OUTLETも参加します
チームメンバー募集中&当日飛び入り参加も大歓迎です

【RFL芦屋まで、あと4日】 2008年 リレーフォーライフin芦屋 参加の様子 ④
2009年 09月 08日 (火) 22:18 | 編集
(本日の当番:em)

1ヶ月以上、空きましたが

前回からの続き・・・


2008年 リレー・フォー・ライフ in 芦屋のチームテント以外の会場の様子をご紹介します


DSCF0397.jpg

ステージ裏



DSCF0394.jpg

会場受付入り口近くには、
協賛企業の紹介や、ルミナリエのキャンドル台作成の様子を紹介したパネルが掲載されています。



DSCF0396.jpg

屋内休憩場

トイレや自動販売機があり、涼んで休憩ができます。
近くには、食べ物の屋台が並んでいました。



DSCF0406.jpg

屋内休憩場内には、
売上の一部が寄付金となる、リレー・フォー・ライフ in 芦屋仕様の自動販売機



DSCF0405.jpg

自動販売機の横には、がん啓発関連のパネルが並びます。

リレー・フォー・ライフは、がん患者のためのイベントというだけではなく、
がんの啓発も行っています。

寄付金は、がん検診を進める広告や冊子にも使用されています。


さて、
リレー・フォー・ライフに参加すると、歩いて、ステージイベントに参加するだけ・・・

そんなことは、ありません


DSCF0399.jpg

がんで亡くなった方への追悼や、各自の希望をこめてルミナリエにメッセージを綴ったり・・・
(どう使用されるかは、後ほどの写真で)



DSCF0403.jpg

ボランティアとしてリレー・フォー・ライフに参加したり

ふみちゃんおりちゃんは、交流テントにボランティアとして参加していました。

このように、写真付きの自己紹介文をテントに掲載しておくと、同じ部位の人、同じような年代の人、お友達が欲しいひとなどが、

「この人と話してみたいな」と思うと、

担当実行委員さんを通じて紹介してもらえるという仕組みになっていました

OUTLETメンバーの結成ポイントも、この交流テントがきっかけです。
(詳しくは、後のちの記事に)

Kくんは、サバイバーズ・フラグ担当のボランティアをしていました。

実行委員にならなくても、ボランティアとしてリレー・フォー・ライフに関わることもできますよ。
(詳しくは各リレー・フォー・ライフのボランティア募集要項を確認してくださいね



DSCF0436.jpg

こちらは、ふみちゃんの様子
卵巣がん体験者の会スマイリーの会員であるふみちゃんは、こちらのフラグにもメッセージを書き込んでいます。



DSCF0431.jpg

岐阜在住のふみちゃんと、長崎在住のぁゃこちゃんが兵庫で再会

リレー・フォー・ライフは、こんな風に遠く離れたがん友との1年に一回の再会の場でもあります

ぁゃこちゃんもOUTLETメンバー@中部に参加決定です



DSCF0442.jpg

日が暮れてきました

トラックを歩いて、イベントを見て、ルミナリエを書いて、いろんな人達と会場でおしゃべりして・・・
こんな風に過ごしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。



DSCF0438.jpg

ルミナリエが点火されています

そう、上の記事でご紹介したように、みなさんのメッセージがこめられたルミナリエは夜になるとこのように輝きます。




DSCF0446.jpg

がんは24時間眠らない・・・

亡くなった方への追悼と生きる人達の希望の光が、運動場を照らしました



つづく





リレー・フォー・ライフ in 芦屋開催まであと

リレー・フォー・ライフ in 芦屋 HP
9月12日17時~13日12時 兵庫県 芦屋市総合公園

OUTLETも参加します
チームメンバー募集中&当日飛び入り参加も大歓迎です
2008年 リレーフォーライフin芦屋 参加の様子 ?
2009年 07月 21日 (火) 23:00 | 編集
(本日の当番:em)

前回からの続き・・・

リレー・フォー・ライフでは、参加者達が24時間トラックを歩きます
開催地によっては24時間よりも短い時間で行われますが、“夜間を越えて歩く”事が重要です

夜間を越えるのは、「がんは24時間眠らない」という意味があります。こうして歩くことで、サバイバーもケアギバーも眠らず活動しつづけるがん細胞と戦う気持ちを体感することができます

リレー・フォー・ライフのテーマカラーはなのですが、これは「夜明け」を表していているんです。


24時間歩く・・・と言っても、決して「24時間耐久ウォーキング大会」ではありません
チームで順番交代しながら24時間を歩くことが出来たら理想ですが、チームメンバーの人数や個々の体調を考えると不可能なのが現状です。
なので、トラックで会場参加者のうち「誰か1人でも歩いていたらOK」です。これで、24時間のリレーは繋がっています。


「24時間歩くなんて・・・」、「2日に渡って参加はちょっと」という方も、たとえ会場滞在時間が1時間でもその間にほんの1周歩いてくださるだけで、OKです
体調の関係で歩くのは・・・という方は、歩いている人達を応援しましょう
1人1人の一周が24時間に繋がります
当日の個人参加は可能です


会場ではステージでのイベントや啓発企画テントなどが催されていますので、歩く以外にもリレー・フォー・ライフを感じることができます。

また、「歩く」といっても黙々と歩くわけではありません。
もちろん、黙って1歩1歩噛み締めながら歩くのも良いですが・・・
みなさん、チームの人や他チーム、初めて会う方とおしゃべりしながら歩いています
イメージ的には、「散歩してたら、近所の知り合いに遭遇」みたいな感じです。


そんな風にして交流が深まっていくと、こんな風に・・・


DSCF0434.jpg


他チームのフラグに参加させてもらったりします


DSCF0410.jpg


自分のチーム以外のフラグを持ってもOKですよ(あ、もちろん相手に確認してくださいね
チーム同士の交流というのも、楽しさの一つですね


イベントと言えば・・・


DSCF0397.jpg


こちらは、ステージ裏側の様子。


ステージ上では、開会式閉会式の挨拶はもちろんの事、地元のダンスサークルや音楽サークルの方がたパフォーマンスで場を盛り上げてくださったり。
トークライブなどの、催しが行われました。

この間にも、もちろん24時間ウォーキングは続いています。
トラックの目の前にステージが位置しているので、ステージ上の様子は歩きながらも見たり聞いたりすることが可能です。しっかり、イベントを見たい人達はトラック内側の芝生内に腰掛けて見ることが出来ました。


DSCF0418.jpg

1日目の夕方には、がん体験者のトークライブがありました。

ふみちゃんとおりちゃんは、こちらに出演しました。
それぞれの今までのがん体験、体験を通して感じた問題点や今後の希望などを話してくれました

そして、当時はまだ開催予定だったリレ-・フォー・ライフ in 中部の宣伝もバッチリ


最後には・・・

アグネス・チャンさんがステージに登場!!
「若い女の子たちも居てびっくり」と、個々にステージ上でメッセージ&ハグをしてもらっていました

その後、アグネス・チャンさんのがん体験やリレー・フォー・ライフへの思いを聞き。
「この良き日に」を熱唱してくださり、感動のステージとなりました。


つづく・・・
2008年 リレーフォーライフin芦屋 参加の様子 ?
2009年 06月 14日 (日) 00:25 | 編集
(本日の当番:em)

前回からの続き・・・


サバイバーズ・ウォークが始りました!

DSCF0373.jpg

ブラスバンドの生演奏でスタートです



DSCF0353.jpg

地元の子どもたちが、ダンスで先頭を歩いてくれました
幼稚園から中学生くらいの子まで、一生懸命、バトンを回しながら華やかに盛り上げてくれました



DSCF0354.jpg

サバイバーズ・フラグを先頭に、各チームのサバイバー、個人参加のサバイバー、実行委員/会場スタッフのサバイバー・・・全ての会場にいるサバイバー達がトラックを歩きます

ふみ(旧ハンドルネーム:楓)ちゃん、Kくん、じんくん、emはサバイバーズ・フラグを持って、歩かせて頂きました
ケアギバー達からは、トラックの周りから声援や拍手を頂きました

「おぉ、これがリレーフォーライフか!今から始るんだ!」と、初参加の私(em)は心が踊りました!
また、多くのケアギバー達が会場に来てくださっていること、サバイバー達のためにイベントを盛り上げて下さっていることへの驚きと感謝の気持ちでいっぱいでした



DSCF0362.jpg

こちらのサバイバーズ・フラグを持った後ろ姿は、真ん中二人、左がem、右がふみちゃんです。
ふみちゃんのピンクのTシャツの背中には、

「がんでも堂々と生きられる 世のなかに」

という、メッセージが書かれています。そして前には!?・・・これは、このシリーズの何処かで紹介しますね♪

また、ふみちゃんのタスキには「来年は中部で会いましょう」と書かれています。
これは、今年のリレーフォーライフin中部の宣伝でした


サバイバーズ・ウォークとは・・・
サバイバー達だけが、トラックを歩くことをこう呼びます。芦屋ではイベント中に2-3回この時間がありました。


サバイバーとは・・・
リレーフォーライフにおいては「がんと向きかう心を持ったがん患者」のことを指します。がんになったばかりでも、完解しても、10年経っても、がんを受けとめ前向きに生きようという気持ちがあるだけで、サバイバーなんです!!会場では、サバイバーは証しとして紫のバンダナを体のどこかに巻いています。


サバイバーズ・フラグとは・・・
当日イベントに参加したサバイバー達の手形と、メッセージを書いたフラグのことです。
上記写真↑のフラッグのことです。当日に参加受付を済ませたあと、開会式までにこのサバイバーズ・フラグに思いを書きこんで行きます。



DSCF0335.jpg

ちなみに、ふみちゃんと私(em)がサバイバーズ・フラグに書きこんだところがこちら。

右(オレンジ)がふみちゃん、「堂々と生きます。
左(青)がem、「Nobody is perfect. : )


サバイバーズ・ウォークが終わると、今度は参加者全員でトラックを歩きます



DSCF0367.jpg

結構、ざっくばらんに歩いてますね
の子は、リレーフォーライフin芦屋キャラクター“ほっしー”君です。



DSCF0365.jpg

チーム“がんと生こまい!”の歩いている姿です



DSCF0357.jpg

こちらも、同じく
一番左のオレンジのTシャツを着ているのが、おりちゃんです。



DSCF0370.jpg

会場のトラック横には、
キャンドルで「HOPE(希望)」の形が作られています。



つづく・・・

copyright (C) 若年性がんサバイバー&ケアギバーチーム OUTLETのブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。