2009年チーム結成☆日々進化ちゅうです!
若年性がんサバイバー&ケアギバーチーム OUTLETのブログ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 リレーフォーライフin芦屋 参加の様子 ?
2009年 07月 21日 (火) 23:00 | 編集
(本日の当番:em)

前回からの続き・・・

リレー・フォー・ライフでは、参加者達が24時間トラックを歩きます
開催地によっては24時間よりも短い時間で行われますが、“夜間を越えて歩く”事が重要です

夜間を越えるのは、「がんは24時間眠らない」という意味があります。こうして歩くことで、サバイバーもケアギバーも眠らず活動しつづけるがん細胞と戦う気持ちを体感することができます

リレー・フォー・ライフのテーマカラーはなのですが、これは「夜明け」を表していているんです。


24時間歩く・・・と言っても、決して「24時間耐久ウォーキング大会」ではありません
チームで順番交代しながら24時間を歩くことが出来たら理想ですが、チームメンバーの人数や個々の体調を考えると不可能なのが現状です。
なので、トラックで会場参加者のうち「誰か1人でも歩いていたらOK」です。これで、24時間のリレーは繋がっています。


「24時間歩くなんて・・・」、「2日に渡って参加はちょっと」という方も、たとえ会場滞在時間が1時間でもその間にほんの1周歩いてくださるだけで、OKです
体調の関係で歩くのは・・・という方は、歩いている人達を応援しましょう
1人1人の一周が24時間に繋がります
当日の個人参加は可能です


会場ではステージでのイベントや啓発企画テントなどが催されていますので、歩く以外にもリレー・フォー・ライフを感じることができます。

また、「歩く」といっても黙々と歩くわけではありません。
もちろん、黙って1歩1歩噛み締めながら歩くのも良いですが・・・
みなさん、チームの人や他チーム、初めて会う方とおしゃべりしながら歩いています
イメージ的には、「散歩してたら、近所の知り合いに遭遇」みたいな感じです。


そんな風にして交流が深まっていくと、こんな風に・・・


DSCF0434.jpg


他チームのフラグに参加させてもらったりします


DSCF0410.jpg


自分のチーム以外のフラグを持ってもOKですよ(あ、もちろん相手に確認してくださいね
チーム同士の交流というのも、楽しさの一つですね


イベントと言えば・・・


DSCF0397.jpg


こちらは、ステージ裏側の様子。


ステージ上では、開会式閉会式の挨拶はもちろんの事、地元のダンスサークルや音楽サークルの方がたパフォーマンスで場を盛り上げてくださったり。
トークライブなどの、催しが行われました。

この間にも、もちろん24時間ウォーキングは続いています。
トラックの目の前にステージが位置しているので、ステージ上の様子は歩きながらも見たり聞いたりすることが可能です。しっかり、イベントを見たい人達はトラック内側の芝生内に腰掛けて見ることが出来ました。


DSCF0418.jpg

1日目の夕方には、がん体験者のトークライブがありました。

ふみちゃんとおりちゃんは、こちらに出演しました。
それぞれの今までのがん体験、体験を通して感じた問題点や今後の希望などを話してくれました

そして、当時はまだ開催予定だったリレ-・フォー・ライフ in 中部の宣伝もバッチリ


最後には・・・

アグネス・チャンさんがステージに登場!!
「若い女の子たちも居てびっくり」と、個々にステージ上でメッセージ&ハグをしてもらっていました

その後、アグネス・チャンさんのがん体験やリレー・フォー・ライフへの思いを聞き。
「この良き日に」を熱唱してくださり、感動のステージとなりました。


つづく・・・
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 若年性がんサバイバー&ケアギバーチーム OUTLETのブログ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。