2009年チーム結成☆日々進化ちゅうです!
若年性がんサバイバー&ケアギバーチーム OUTLETのブログ
タオル寄付ありがとうございました!!
2009年 08月 04日 (火) 08:00 | 編集
(本日の当番: em)

8月1日(土)はOUTLETメンバー ふみ/K/おりちゃん/さんちゃん/em の参加している、
がん患者サロン “がんと生こまい!”の8月定例会でした
(当日の様子は、がんと生こまい!ブログへどうぞ→


がんと生こまい!チームも、昨年に続き芦屋の参加と中部に参加します
7月14日付の中日新聞生活欄にて、リレー・フォー・ライフ in 中部の紹介記事と共に、がんと生こまい!チームメンバー募集も掲載された反響か、11名の新規参加者の方々をお迎えすることが出来ました
(近日、がんと生こまい!チームの紹介記事もUPしますね

私(em)は自己紹介の際、OUTLETメンバーで私だけが参加だったので、チームを代表して現在の活動状況などをお話させて頂きました

今回のサロンまでの1ヶ月間に、タオル帽制作をブログで発表、がんと生こまい!なんとかクラブ・メーリングリストでタオル寄付の呼びかけをさせて頂いたのですが・・・

この呼びかけを読んで、タオルを持って来てくださった方々のおかげで、ナント、予定募集枚数を上回るタオルが集まりました


ブログ上ではまだお知らせしていなかったのですが、30枚を目標としていました。
(チームメンバーの人数と制作日数を考えると、このくらいの数が妥当かなと。)

そして・・・

この日だけで、39枚のタオルが集まりました

この日はあいにくの大雨だったにもかかわらず・・・足元の悪い中、荷物のかさばるタオルをお持ちより頂き有難うございました。

また、タオル寄付以外にも、活動への声援や製作有志募集に手を挙げてくださり本当に感謝の気持でいっぱいです



それでは、
感謝の意味を込めて、奇付して下さった皆さまをご紹介します

OUTLET090803 (2)

私(右)と同じ、結腸がんサバイバーのきみさん(左)
病気をきっかけにマラソンを始められ、アスリートのおりちゃんが「すごい走るの速い!」と言うくらいのランナーさんです。

こんなに大きな紙袋一杯のタオルを持ってきてくださったのです

きみさんは、お仕事の関係先の方々に私たちの事を紹介をしてタオルを集めてくださったのです
ご家庭と企業様から、30枚近くタオルを集めてくださいました。

ここで、寄付してくださった企業様のお名前を出して良いものか判断しかねますので伏せさせて頂きますが・・・


企業様、
タオルをご寄付を頂き誠にありがとうございました。


OUTLET090803 (1)

がんと生こまい!なんとかクラブ マラソン部監督 ジャン・フランソワ・バンクゥさん(左)

今回のサロン会場を提供して下さった、手芸店オーナーでいらっしゃいます。
また、OUTLETフラグの生地&縫製の制作を請け負ってくださいました。

編みこむとタオルになる糸(タオルを解いたような糸になっています)を寄付してくださいました!
私は編物は出来ないので(リリアンなら・・・)、母に任せることにしました
こちらはまた、出来あがりましたらブログにUPしますね。


OUTLET090803 (3)

治療中でもボランティア活動やゴスペルなど活動的な、乳がんサバイバー あがさん(左)

この夏は太陽の下、お子様たちの試合を応援している、ビール派乳がんサバイバー うささん(右から二番目)

今回より初参加の、これまたランナーさん(さっそく、監督からスカウトされていました)の乳がんサバイバー さくらさん(右から一番目)
同じ部位だからなのか、初対面のさくらさんとあがさん・うささんは息投合されていました

ちなみに、みなさんウィッグ使用中でいらっしゃいます。


OUTLET090803 (4)

御本人とのショットを撮る時間がなかったのですが、こちらはAさんから。
Aさんも、私と同じ結腸がんサバイバーです。
リレー・フォー・ライフ in 中部の実行委員をされていて、この日は午前の岩倉市でのサロンに出てすぐ、名古屋市中心部で開催の実行委員会に移動と、ご多忙の中、タオルを持ってきてくださったんです。

お料理が趣味というAさんは、この日のサロンに手作り蕨餅を持ってきてくださいました。
美味しかったです、ごちそうさまでした

このタオル、すっごく可愛い柄ですよね!
子ども用の帽子を作ったらちょうど良いですね!


予想していなかった程のタオルの量にびっくりすると共に、とにかく感謝で一杯でした
大雨だったので、「郵送で家に送ったら?」と声をかけてくださった方もいらっしゃったのですが・・・
私としては、「郵送したら製作コストが・・・」と思っていて、なんとか自力で持って帰りたかったのです

そしたら・・・

帰りる時間に一時、雨が止みました


帰宅途中での電車の中で、タオルの重み以上にみなさんの応援を感じ、涙が出そうになりました

OUTLETメンバーだけで、タオルを集めようとしてここまで出来るだろうか?と考えました。
私達は、「傷ものだけど愛してくれる人達がいる、リレー・フォー・ライフで感謝を伝えたい」そう考えていてます。


がん生こ!のみなさんは、同じがんと生きる仲間でもあり、人生の先輩でもあり、私達OUTLETメンバーにとってのケアギバーである・・・いつも以上に強く実感しました。


この企画をやり遂げること、リレー・フォー・ライフを思う存分楽しむことで、タオル企画にご協力と声援くださったみなさまに、感謝の気持ちを伝えられることが出来たらと思っています。



最後に、今回集まったタオルの写真です

OUTLET090803 (5)


予定枚数に達しましたので、タオル寄付は一旦締めきりとさせて頂きます。


ご協力ありがとうございました。

引き続き、帽子製作の有志の方、型紙配布について、製作状況など今後も随時UP致します。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 若年性がんサバイバー&ケアギバーチーム OUTLETのブログ all rights reserved.
designed by polepole...